金地金

消費税アップでメリットがあるってホント?

2016年05月13日

売却すれば消費税がもらい得に

2017年4月に消費税率10%への引き上げが予定されていましたが、景気への影響を考慮し、延期される可能性が高くなりました。しかし、日本の財政難からすればいずれは10%以上への引き上げもやむを得ないとの見方が大勢となっています。消費税アップは私たち国民にとって家計を直撃する重大事。でも、じつは金投資にとってはお得になる可能性があるのです。

その理由の前に、まず金地金取引にかかる消費税について説明しておきましょう。金地金取引における消費税は、購入するときはお客様が販売店に支払い、売却したときには逆に販売店がお客様に支払います。ですから、金地金の購入価格よりも売却価格のほうが高ければ、払った額より多い消費税分が受け取れることになります。

金地金(1kg)を500万円で購入し、510万円で売却したケースで計算してみましょう。

gruph0

購入価格500万円+40万円(消費税8%)=540万円 ←購入資金
売却価格510万円+40万8000円(消費税8%)=550万8000円 ←売却して戻った資金
売却して戻った資金550万8000円-購入資金540万円=10万8000円 ←利益

このときの利益は上記のように10万8000円ですが、その内訳は次のようになります。
売買益:売却価格510万円-購入価格500万円=10万円
消費税の差額分:売却時の消費税額40万8000円-購入時の消費税額40万円=8000円

つまり、売却益10万円に加えて、消費税の差額分の8000円、利益が増えたというわけです。

なぜこうした仕組みになっているかというと、消費税の課税対象となるのは個人事業主(納付免税枠1000万円)および法人なので、個人のお客様が金地金を売却しても消費税を税務署に納める義務はないからです。つまり、消費税分だけもらい得ということです。金地金取引と消費税の関係がお分かりいただけたでしょうか。

消費税アップ前に買えば儲かりやすい!?

img1

次に、消費税アップとの関係を考えてみます。

仮に、消費税率が8%のときに金1kgを500万円で購入し、消費税率が10%に引き上げられた後、同じ500万円で売却したとします。すると、次のように売買益がゼロでも消費税の差額分が儲かる計算になります。
購入価格500万円+40万円(消費税8%)=540万円 ←購入資金
売却価格500万円+50万円(消費税10%)=550万円 ←売却して戻った資金
売却して戻った資金550万円-購入資金540万円=10万円 ←利益

このときの利益は上記のように10万円ですが、その内訳は次のようになります。
売買益:売却価格500万円-購入価格500万円=0円
消費税の差額分:売却時の消費税額50万円-購入時の消費税額40万円=10万円

このように金価格が値上がりしなくても消費税率が10%にアップすれば、10万円も儲けられることになります。消費税アップを逆手にとって、利益を狙うことも可能というわけです。

もし買値より価格が下がったとしても、消費税の差額分範囲内なら損失は生じません。これなら金投資が初めての人もいくらか安心して始められるのではないでしょうか。

gruph1

ただし、金地金ならどれでもいいわけではありません。500g未満の場合はバーチャージと呼ばれる加工手数料が買う時も売る時もかかるため、消費税の差額を狙うには不向き。コストが割安でまとまって投資できる「1kg」がお勧めです。

また、投資家のコストに相当する「買値と売値の差額(スプレッド)」が取扱会社によって異なることにも注意が必要。取扱会社には地金商、金属メーカー、商品取引会社などがありますが、このうち1kgの金地金を最も割安に買えるのが商品取引会社です。

消費税率引き上げ前には“駆け込み需要”が発生する

もう1つ、覚えておきたいのは、消費税引き上げ前は金の取引量が増える傾向があるということです。

消費税については、1989年4月の消費税導入(税率3%)、1997年4月の5%への引き上げ、2014年4月の8%への引き上げと、これまでに3回の増税がありました。この前後で取引量がどのように変化したのかを見てみましょう。

投資用の金はほとんどが輸入なので、金輸入量の推移を見れば取引量の増減がわかります。下のグラフは、3回の増税前後における日本の金輸入量と金価格の推移を示したものです。いずれも増税の数カ月前から金の輸入量が増加しており、“駆け込み需要”が発生したことがうかがえます。今後も同様の現象が起きると考えておいたほうがいいでしょう。

前述したように消費税率アップ直前に買い、アップ後、価格がそれほど動かないうちに売却して消費税の差額分を狙う方法もあります。2014年4月に8%へ引き上げられたときには、第一商品では3月31日に160kg近く金地金を購入し、数日後に売却して、大きな利益を上げたお客様もいらっしゃいました。

もちろん、急激に相場が変動し、一夜で大きく値下がりするリスクもあります。ですから、“駆け込み需要”による一時的な金価格上昇を避けて早めに購入しておくのも、1つの選択肢といえるでしょう。

gruph2
gruph3
gruph4

 ,

この記事が気に入ったらシェアしよう

消費税アップでメリットがあるってホント?





金地金・金先物取引などお気軽にご相談ください。
お電話でもどうぞ

動画で学ぶ金投資

金投資について楽しくわかりやすい動画コンテンツです。
大人気GOLD君が大活躍中!是非一度ご覧ください。

  • 第一話 いま話題の金投資って?

  • 第二話 どうして今金が注目されているの?

  • 第三話 金っていくらするの?

動画で学ぶ金投資




  • カテゴリー

  • 人気記事ランキング

    最新の投稿記事

    注目のキーワード



    " "