金地金

金地金と純金積立、どちらを選ぶ?

2017年07月20日

金投資の定番と言えば、少額から手軽に始められる「純金積立」と、純金そのものを保有する「金地金」。どちらも金を購入することに変わりはないのですが、それぞれどんな人に向いているのでしょうか。

純金積立のメリットとは

まずは、純金積立の商品性やメリット・デメリット。
純金積立は、毎月一定額ずつ金を買い付けていく商品。価格が高いときには少なく、安いときには多く購入することになるため、平均買付コストを引き下げる「ドルコスト平均法」と呼ばれる効果が期待できます。このように購入する時間を分散するのは、高値買いを避けるリスク低減法の1つです。

月々1,000~3,000円程度から手軽に買って増やしていけるのもメリット(最低積立額は取扱会社によって異なります)。将来、売るのはもちろん、現物やジュエリーと交換できる会社もあります。

ただし、年会費や購入手数料でコスト高になりやすいのが注意点。一般に年会費は数百円から数千円程度、購入手数料は積立購入額の数%程度です。例えば、購入手数料が3.24%の場合、積立購入額を1万円とすると、実際の買い付け額は9,676円になります。考え方によっては、購入手数料も毎月積み立てているようなもの。チリも積もれば…的にコストはどんどん膨らんでいきます。

会社選びはコストと信用リスクの両面で判断

一度申し込めば、注文いらずで、保管する手間がかからないのが純金積立のいいところ。金の保管方法は会社によって異なり、主に「特定保管」と「消費寄託」の2種類があります。

特定保管とは、純金積立を取り扱っている会社と、顧客の資産を完全に分けて管理・保管するやり方で、万一取扱会社が倒産しても、顧客の資産は守られます。

一方、消費寄託は、顧客が積み立てた金の名義は取扱会社で、顧客はその会社に対して債権(金○グラムを返還請求できる権利)を持つというスタイル。ですから、万一、会社が倒産すると、預けている金の一部または全部が戻ってこないことも。ただしその反面、消費寄託では顧客が購入した金をリース市場で運用しているため、その利益によって積立コスト(年会費や購入手数料)が割安になっているのが一般的です。そしてほとんどの会社が「消費寄託」です。

特定保管は安心ですが、コストが比較的高い傾向。消費寄託はコストが比較的安いのですが、信用リスクがあります。取引会社を選ぶときには、これら両面を見て判断しましょう。

以下は、代表的な純金積立取扱会社3社の比較です。

金地金は標準サイズ「1kg」が最も効率的な投資法

続いては「金地金」。5g、10g、…、1kgまで様々な種類がありますが、少量で買う場合は注意が必要です。というのも500g未満にはバーチャージと呼ばれる手数料がかかり、モノによっては純金積立よりも割高になってしまいます。
金地金の標準サイズは1kgバーで、他のサイズの金地金や純金積立と比べ、売買コストが割安、金地金を買うなら1kgが最も効率的と言えるでしょう。ただし、金地金1kgの販売価格は2017年7月13日現在で、482万円(税込)ほどです。このため、自ずと「まとまった資金を投資したい」方向けとなります。

また、購入するときに注意したいのは、取扱会社によって販売価格に意外と大きな差があるということ。金地金の取扱会社には、地金商、金属メーカー、商品取引会社などがありますが、1kgの金地金を最も割安に買えるのが商品取引会社です。というのは、金地金を必要に応じて金市場(業者間による相対現物市場)から直接取り寄せているため、製造費や在庫保管料などの余分なコストがかからず、有利な価格で販売できるのです。

また、意外と見落としがちなのが保管について。自宅に置いておくならタダですが、紛失・盗難リスクがあります。専用の金庫や貸金庫を借りて保管する場合は手数料がかかります。ちなみに銀行の貸金庫の料金は以下のような水準になっています。

月々3000円の純金積立だと1kg貯めるのに、なんと134年!

こうしてみると、中長期の資産形成に利用したいという人には「純金積立」が、今保有している資産のリスクヘッジに利用したいという人には「金地金」が向いていると言えるでしょう。実際、少額から始められる純金積立は若い世代に人気です。

純金積立は少額から始められるものの、まとまった資産になるには相当の時間がかかります。例えば、毎月3,000円を積立てるとすると、1kg貯めるのにかかるのは約134年(※)。 これでは、金投資の大きなメリットである「資産保全の効果」は期待できません。「リスクヘッジ効果」を期待するなら、やはり金地金が最も適していると言えるでしょう。

※2017年7月13日の第一商品販売価格481万5,000円を基に、コストを考慮せず価格が変わらないと仮定して試算。

 ,

この記事が気に入ったらシェアしよう

金地金と純金積立、どちらを選ぶ?





金地金・金先物取引などお気軽にご相談ください。
お電話でもどうぞ

動画で学ぶ金投資

金投資について楽しくわかりやすい動画コンテンツです。
大人気GOLD君が大活躍中!是非一度ご覧ください。

  • 第一話 いま話題の金投資って?

  • 第二話 どうして今金が注目されているの?

  • 第三話 金っていくらするの?

動画で学ぶ金投資




  • カテゴリー

  • 人気記事ランキング

    最新の投稿記事

    注目のキーワード



    " "