ダイナミックな値動きが魅力のガソリン取引!

2018年09月26日

150円台まで値上がりしたのは3年5カ月ぶり!

ガソリン価格が高騰した今年(2018年)の夏休みは、「遠出を諦めて近場で…」という人も多かったのではないでしょうか。

実際、経済産業省資源エネルギー庁が8月29日に発表した27日時点のレギュラーガソリン1㍑当たりの全国平均小売価格は151円8銭。5月下旬以降、150円台が続いていますが、150円台まで値上がりしたのは3年5カ月ぶりだそうです。

値上がりの主な要因とされるのは、トランプ米政権の経済制裁でイラン産原油の供給が減り需給が逼迫するという懸念から原油価格が高騰したこと。また、国内石油元売り大手のJXホールディングスと東燃ゼネラル石油が4月に統合してJXTGホールディングスが誕生し、過度な価格競争が沈静化したことも要因の一つといわれています。

さらに、2019年4月に予定されている出光興産と昭和シェルの統合によって、石油元売り上位3社(JXTG、コスモHD、出光興産と昭和シェルの統合会社)のシェアは9割にも及ぶため、ガソリン価格は値崩れしにくくなると見られています。

ガソリンの価格は原油価格の動向に大きく左右され、また自動車にも不可欠ですからレジャーシーズンの天候や景気動向などにも影響されます。もともとドライブが増える夏は、ガソリン価格が高止まりしやすいようです。

こうした身近なガソリンを個人でも利益目的で取引できるのが、商品先物取引です。商品先物では、ガソリンや原油のほかにも、貴金属やとうもろこしや大豆、コメなども取引できます。生活に密接した商品の価格動向を予想して利益を狙えるって面白いと思いませんか。

4月以降の値上がりは絶好の収益チャンスだった!

なかでも、石油関連商品はダイナミックな値動きが特徴です。

下のチャートは、東京商品取引所(TOCOM)で取引されているガソリンの値動きです。ガソリン価格が値上がりし始めた4月10日(1klあたり5万7,640円)から5月18日(6万5,940円)にかけて、8,300円も大きく上昇しています。この4月以降の値上がりは絶好の収益チャンスでした。なかには、産油国の動向や米イラン関係悪化などの新聞記事を見て、ガソリンの値上がりを予想していた人も少なくないのではないでしょうか。

東京ガソリンの取引単位は50kℓ(1枚)。もし1枚取引して差益が1kℓ当り8,000円なら利益は以下のようになります。

1kℓ当りの差益8,000円×50kℓ=40万円(取引手数料、税金は除く)

差益が仮に半分だったとしても1カ月程度の取引で20万円の利益。この収益チャンスの大きさがガソリンの魅力なのです。

取引を始めるのに必要な証拠金は1枚あたり13万5,000円(第一商品の場合。2018年9月4日現在)。取引総額が元手(必要証拠金)の何倍かを示すレバレッジはおよそ23倍で、少額の資金で大きなリターンを狙えます。

もちろん、「買い」だけでなく、「売り」からも取引に入ることができますから、価格の上昇局面だけでなく、下降局面でも積極的にリターンを狙うことができます。国際情勢や石油元売り大手の動向などを見ていれば、高騰したガソリンが値下がりするタイミングを捉えられるかもしれません。

原油関連商品の値動きは株価にも大きく影響します。一般に原油の値動きは企業のコストを左右し、業績にも影響してくるからです。もしあなたが株をトレード中で、原油価格の動向もウォッチしているなら、チャンスと思ったら、原油関連商品を取引してみてはいかがでしょうか。

なぜ、ガソリンの市場価格は安いの?

ところで、上で紹介した“東京商品取引所のガソリン価格”って安いと思いませんか。 実際、高値をつけた5月18日でも1リットルあたり65.94円。ガソリンスタンドでは、150円以上しますから、ずいぶんと安いですよね。

それもそのはず、ガソリンスタンドで売られているガソリンには、ガソリン税と石油税、消費税がプラスされているからです。

仮に1リットル150円の場合、ガソリン税は53.8円、石油税は2.8円、消費税は11.11円で、ガソリンそのものの価格は82.29円。実に45.14%もの税金がかかっているのです。

商品先物取引の知識のある人は「現受け(商品先物取引で現物を買い取ること)を利用すれば、ガソリンが安く買えるのでは!」と思った人もいるのではないでしょうか。でも残念ながら、現受けの際にも同じように税金がかかってしまいます。

先物取引初心者には値動きが穏やかな
「金先物取引」

ガソリンは値動きが大きくて大変人気があるのですが、商品先物取引自体が初めての方には、いきなりガソリンがおススメとは言いづらいものがあります。リスク管理の面を考えると、初心者の方には比較的値動きが穏やかな「金先物取引」がおススメになります。

とは言え、1カ月間程度のスイングトレードでもトレンドをうまく捉えれば、金でも十分オイシイ利益が狙えます。まずは金から始めてみて、先物取引に慣れてきたら石油関連商品にもチャンレンジしてみるというのが、良いのではないでしょうか。

 ,

この記事が気に入ったらシェアしよう

ダイナミックな値動きが魅力のガソリン取引!





金地金・金先物取引などお気軽にご相談ください。
お電話でもどうぞ

動画で学ぶ金投資

金投資について楽しくわかりやすい動画コンテンツです。
大人気GOLD君が大活躍中!是非一度ご覧ください。

  • 第一話 いま話題の金投資って?

  • 第二話 どうして今金が注目されているの?

  • 第三話 金っていくらするの?

動画で学ぶ金投資
テクニカル分析コラムテクニカル分析コラム

資料請求資料請求

J-CASTコラムJ-CASTコラム

はじめての金投資はじめての金投資

セミナーセミナー
  • カテゴリー

  • 人気記事ランキング

    最新の投稿記事

    注目のキーワード



    " "